バーチャルオフィスで快適な環境|働きやすさが業績に繋がる

to topScroll To Top

バーチャルで利用する

住所だけのレンタルもできる

ビル

まったく知らない人だけではなく、インターネットを通じて知り合った知人に対しても、住所を公開するということはリスクの高いことです。勿論、何かトラブルがあった時に家に直接来られるかもしれないということもありますし、また、最近はインターネットの地図サービスで住所を入力すれば付近の様子が画像で見られるので、どんな場所に住んでいるのか簡単にわかってしまいます。なので、インターネットオークションに出品することを仕事にしている人などの中には、東京などにあるバーチャルオフィスサービスを利用している人が少なくありません。住所を借りて、郵便物を転送してもらうだけのバーチャルオフィスサービスであれば、月1000円程度で使うことが出来ます。

会議室を使えるサービスへ

バーチャルオフィスは以前から存在していました。たとえば、私書箱サービスや代行秘書サービスがそうです。ただ、昔からあるそういったサービスは、郵便物の受け取りと転送、電話の受信と転送ぐらいしか出来ませんでした。しかし、最近のバーチャルオフィスは、実際に会議室などのスペースがあり、予約をすることで、そこに人を招くことが出来るというサービスも珍しくありません。たとえば、東京の住所でバーチャルオフィスを利用しているものの、普段は東京ではなく地方に住んでいるという人が、東京にある取引先との打ち合わせのために実際にオフィスを利用するということが可能なのです。様々な事情で取引先の相手に自分の住所を公開出来ない人だけではなく、まだ、本物のオフィスを持てない起業家にとっては、非常にいいサービスと言えるでしょう。

手軽に事業が始められる

女性

事業を始める際に必要となるものに店舗がありますが、最初から工事などを行なうと多大な費用がかかってしまいます。しかし、居抜き物件の場合は少し手を加えるだけとなるのでコストダウンが図れます。

詳細を確認する...

早くお店をオープンできる

飲食店

近年、多くの人が飲食店を開業するにあたって利用されているものに居抜き物件があります。開業にかかる費用を少しでも安く抑えることが出来る他にも、お店のオープンもスピーディーとなっているので便利です。

詳細を確認する...

両者にメリットがある

オフィス

飲食店で居抜き物件を利用する場合、厨房機器などをそのまま使用出来るのでコスト削減が可能です。また、前に所有していた人も原状回復をする必要がないので費用を削減することが可能となっていて両者にお得だと考えられます。

詳細を確認する...