バーチャルオフィスで快適な環境|働きやすさが業績に繋がる

to topScroll To Top

早くお店をオープンできる

今後の貸店舗についての話

飲食店

飲食業を開始するにあたって、必要となるのは店舗です。店舗にも二通りあり、1つは居抜き物件と言うもので、もう一つは全く何もない空間の店舗を借りて、内装工事等を行ってからスタートするものです。今とても多く利用されているのが居抜き物件です。例えば、居酒屋を始める場合、以前居酒屋を行っていた居抜き物件を使うことで、とてもすばやくお店をオープンさせることが可能です。また内装工事等の必要もほとんどないため、費用を結構抑えることができるでしょう。このような形でお店をオープンさせることで、少ない費用でスタートできるのでリスクがとても小さいです。今はやっている居抜き物件は今後も利用する人が増えていくことが予測可能です。

居抜き物件利用での注意点は

居抜き物件は少ないコストでお店をオープンさせることができるメリットはあるので、今は多くの人々が居抜き物件を利用してお店をオープンさせている状況です。ただし、気をつけておきたいこともあるので、そこは注意が必要です。飲食店の居抜き物件になっているものは、それまで飲食店を行っていた物件です。そしてお店を閉店させていると言うことに着目したいところです。何らかの理由によってお店を閉店させた店舗を使って、新しいお店をスタートさせるので、その辺をしっかりとリサーチしておいた方が良いでしょう。もともと人通りが全くない所で店舗を開いていたので閉店になったのか、それともお店の味の問題だったのか、その辺は大切なポイントとなるので居抜き物件を契約する前にはリサーチがとても重要です。